動作の専門家|キャリアカレッジジャパンはわかりやすい受講内容で人気

キャリアカレッジジャパンはわかりやすい受講内容で人気

動作の専門家

メンズ

試験の内容と難易度

理学療法士になるためには、文部科学大臣が指定する4年制大学や3年制短期大学などで学び、必要な科目を履修し国家試験の受験資格を得ることが必要です。筆記試験科目には解剖学や生理学、リハビリテーション医学などの一般問題と運動学や臨床心理学などの実地問題があります。理学療法士国家試験の合格率は年度により異なりますが、90%から70%の間を推移しています。合格率だけを見ると理学療法士は合格しやすい資格だと思われますが、養成学校で専門性の高い科目をしっかり学び、国家試験に挑む人が多いことから合格率が高くなっています。また、理学療法士の合格率は徐々に低くなっていることから、試験の難易度が年々高くなっているようです。

仕事内容とやりがい

理学療法士はケガや病気などで身体が不自由になり、自立した日常生活が送れない人を支援し、身体の回復や維持、悪化の予防を目的にしているリハビリテーションの専門家です。リハビリテーションは毎日の積み重ねが結果に結び付くので、根気強く患者を支援できる人に向いている仕事です。理学療法士の就職先は、医療機関やリハビリテーション施設、介護施設やスポーツ関連施設などがあります。理学療法士は国家資格なので生涯を通じて働くことができ、結婚や出産などで離職した場合でも専門知識を活かし復職することが可能な仕事です。理学療法士は様々な場所で必要とされている他、患者とのコミュニケーションを通してやりがいなどたくさんのことを学べる魅力的な仕事です。